わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 
MENU

「あたしを 返して」

Last minuteは本当に、本当に何年振りだろうかというくらい
ayuの新曲で泣きそうになった。イヤホンで聴くと、泣く! 

私はやっぱりあの頃の曲がなにより好きなんだなあと
昔の曲(Duty~MY STORY)ばかり聴いていたけど
これはもう、本当に見直した(;_;)!!!!笑 

やっぱりayuはまっすぐな言葉で感情をぶつけてくる
ロックバラードが最高。
EDMのお祭り騒ぎや甘ったるい歌詞じゃなく。

なにも日本人、しかもayuがEDMをわざわざやる必要はない。
ayuは歌詞、言葉の選び方だとかを大事にして
感情を吐き出すような歌を歌って欲しい。 

ライブだってたくさんのダンサーやパフォーマーでにぎやかに演出するよりも
ayuが裸足でドレスを着て、髪を振り乱しながら
感情をぶつけてロックバラード歌うのが1番迫力があって好き。



 「結局は 傷つけた傷と一緒に生きていく」

今の自分は楽しく生きてるので
昔のように共感して泣くというわけではないのだけども
それでもayuの感情をぶつけられると、泣いてしまって
でもそれがマイナスじゃなくて、なんだかとてもスッキリして爽快;;☆!! 

映画見て思いきり泣いて、すっきりしたわー、というのとおんなじ!

音源の音も良いし
2014-2015カウントダウンライブで歌ってるのもとても良い!

ねえ 変わってくものは確かにあるけれど

すこし体調が…
古傷が痛むならぬ、新傷が痛む…。

   ☆          ☆          ☆

  変わらないものもここにはある事を
  信じていられるようになったのは
  伝えてくれる 君がいたから

あゆのWINTER BALLAD SELECTIONが出ていて。
ひさびさにあゆ聴いたわ… うー…;;

あゆはEDMになってから離れてしまっていた、
いえもっといえばGUILTYの頃から
心から追えていたわけではないのかもしれない。

しかし、初期~Secretまでの
あの頃のあゆの代わりは何年経とうと
やっぱりどこにも居ないわけで。

本当に良かったなって、今聴くと
あまりの輝きと尊さに泣きそうになる。

あゆがどう変化していこうとも
変化していくのは普通のことであって
それは自然の摂理だし意味のあることであり必然であり。

一緒に歩く時期もあればそうでない時期もある、
再びどこかでまた一緒に歩く時期がくることもある。

人生における人との出会いや別れとは
川を流れていく葉っぱのようなものと一緒で。

どうしてあの人はあっちに流れていったんだろうとか
どうして木の枝に引っ掛かって止まってるんだろうとか
どうして離れてしまったんだろうとか、
そういうことは考えなくていいんだよ。
ただ、その時その時で、一緒に歩ける人たちとしあわせに一緒に歩けばいいの。
という一人さんの例えはすごくわかる。

そして、あの頃の楽曲たちの素晴らしさというものは
あの頃の真っ直ぐなあゆの姿と歌詞の輝きは
永遠に変わらないし、私の中で今もずっと生き続けている。

それが音楽なのだと思います。

GLAYのTAKUROさんが著書の中で
「永遠なんてないけれど、その一瞬一瞬は永遠なのだろう」
と言っていたけれど、その意味を改めて強く強く感じている。

音楽ってやっぱり素晴らしいし大好きだな。

あゆちゃん STYLE☆

そうそう。あゆちゃんライフスタイルブック発売!!

一人さんがいつも
「お金持ちの生活がどんなものかを知らなければ、
 お金持ちにはなれないよ」
って言ってるので、あゆちゃんの本はすごく興味がありました(´▽`*)

みなさんもぜひ、自分には関係のないことだと思わずに見てほしい。
「もうこんな時代だから」ってそうじゃなく、
今の時代だからこそ、余計に!!

優しくていい人ほど、実業家になるべきだしお金持ちになるべきだから。

本当は関係あるのに、
「関係のないことだ」と思い込んでしまった瞬間に
本当に関係のないことになってしまうから。

しかしライフスタイルブックって本当にたくさん出てるけど…
あゆちゃんスケールでかすぎ!!!!すごすぎてわろた!!笑
まさに、「どや!!!!」って感じですね。笑

服も靴もバッグもお家も旅行も
お気に入りをすべてを見せてくれています。

特にお家がいいな。日本とLAの家。
自分の大好きな空間を追求して形にしたんだなとわかります。

2014-01-30-10-06-13_deco1.jpg


2014-01-30-09-53-27_deco1.jpg

SATCのキャリーの靴クローゼットを思い出しました(´▽`*)♪

いろんなことを言う人がいるだろうけど
このお家に住んでたら、そんなこと本当にどうでもいいんだろうな
って思います。笑

「いくらお金持ちでも、センスが…」
ってやたらセンスにこだわる人も多いけど
お金持ちいいじゃない♪それだけで強いじゃない♪って私は思います(´▽`*)笑

親さんとか旦那さんとかの力でなく、
自分一代でこれだけのものを築いたのなら
それはそれでいいんじゃないかな
すごいことなんじゃないかなって私は思いました。

一般の日本人にはあんまり受け入れられないかもしれないけど。笑

でも一人さんの言うとおり
「自分の知っていることは惜しみなくみんなに教える」っていうことが大事。

批判されるかもしれないから嫌だな、
教えたくないな、目立ちたくないなっていうのは
それこそ、自分のことしか考えていない「小我」。

ネガティブにジャッジされることを恐れずに、
自分の知っている世界をちゃんと教えてくれるあゆちゃんに感謝です。

かき乱されるような愛こそすべて!!!

つわりで死にかけているところに、あゆちゃん婚約。

えー。。ないないないない。泣いた。
しかし、あゆちゃんはとにかくたくさん恋愛を
繰り返している模様なので、おそらくこれも一瞬のことだろうと、一安心。

そうなのよねー、やっぱりねー(o´▽`o)♪
長瀬さんじゃないとダメなのよ!!うふふ!笑
あんなにあゆちゃん自身が燃えて、こちらも萌える恋はないのよ!!
あれに比べればどんな恋愛に出会おうと、ものたりないのよー!!

えへへへへへへへ(o´▽`o)笑!
というわけでやはり絶賛、あゆちゃんが長瀬さんに向けて
書いた曲たちを聴いています☆笑

最近は「Because of you」と「GAME」が大好き。
やっぱりね、これほどまでにせつなくて苦しくないと大恋愛とは呼べないの!!

長瀬さん以降の恋人は全然歌詞に出てこないし、
出てきたとしても、あゆちゃんが余裕ありすぎて、印象薄すぎる!!
それじゃあ、だめなのー!!もうね、歌詞にもそのまま表れてるもんー!!
あゆちゃん素直だもんー!!笑

Because of youは当時はあゆちゃんの友達の恋愛をみて書いた曲だというけど
長瀬さんと別れてからのあゆちゃんからは絶対に絶対に生まれてこない歌詞だから
やはり、長瀬さん曲だと思うの(o´▽`o)♪ 萌え!!!!



  目と目合ってそして 言葉を交わした
  胸が高鳴って 笑顔で隠した

  君を知らなかった頃に 戻れなくなりそうで


  どうして 時々 傷付け合ってる
  どうして 時々 確かめ合ってる

  どうして 時々 こんなに苦しい
  どうして いつでも… こんなに愛しい

  君じゃなきゃ だめで

  君じゃなきゃ だめで…


ってラストの部分が良すぎる;;☆!!!!

激しいロックの曲に乗った、あゆちゃんの歌詞と声が
せつなすぎて何度きゅんとしたか!!
いいー(o´▽`o) そんな恋愛がしたいー!!と心底思いながら生きていたよ♪
だから君に出会えたよ♪

GAMEもせつないロックでいいー♪
昨夜から体調悪すぎて、本当にもうだめかと思ったけど、
Because of you萌えでちょっと元気になりました(o´▽`o)♪
 

いい~(o´▽`o)♪

wowowで録画してたRock'n Roll Circus☆
2013-11-27-09-18-06_deco1.jpg

DVDもブルーレイも持ってるのだけども
どんなふうに一般の人に向けて放映されてるのか気になって…。笑

あらゆるライブDVD&ブルーレイの中で
これほど何十回も何百回も観たライブは無い(o´▽`o)

「あゆのライブは派手だ」ということだけは一般にも有名だけれど
これ以前のライブでは、確かに演出はド派手ではあるのだけれども
あゆの歌が追い付いていなかった。

いくら演出を派手にしたって、歌唱力がなければ意味がないよと
挙句に歌ってない曲まであるなんて、意味ないよと
あゆファンの私でも思ってしまうくらい。笑

そうだ、もともと私はあゆのライブはすごく好きというわけではなかった。
何回かライブDVDを買ってみたけど、
私はCDだけでいいファンなのかなあ~と思っていた。笑

でも、このRock'n~で初めて、歌がきちんと中心にある
エンターテイメントライブになった。

ライブの演出とあゆの力強いパワフルな歌唱力がピタッと合い、
しかも演出もただ派手なのではなく洗練されて
素晴らしい化学反応を起こしている。

以前までのライブで感じたような、
演出は派手だけどバラバラ…という印象は全くない。

今回も色々な演出、衣装で現れるのだが
ビシッと1本の太い筋で貫かれている。
最後まで気迫と緊張感を感じさせるライブだ。

これは、ラルクにもほかの誰にも無い、
あゆならではのエンターテイメント系ライブである。
あゆがずっと形にしたかったものが
やっと大成された瞬間なのではないか。

あらゆる、あゆを勘違いしている人も
これを見たら、あゆってやっぱりすごいんだな
売れただけのことはあるのだな、と思うことだろう。

もちろん揚げ足ならいくらでも取れるだろうけれど
それでもやはり、すごい。日本のエンターテイメント系ライブで
これだけのものを打ち出せているアーティストはなかなかいない。

このライブは日本の素晴らしい遺産の1つといっていいと思う。

アンコール後は、素の可愛らしいあゆちゃんを見ることが出来て
本編の気迫ある「浜崎あゆみ」との差に微笑ましくなる。
ソフトバンクのCMに出演したときの白戸家のお父さん犬に向けて歌った
「うわさ話も すべてタダ~♪」という歌を歌ってくれてます。笑

ラストのSEVEN DAYS WARはもらい泣き。。
まさに浜崎あゆみとダンサー&バンド&スタッフ一座にふさわしい歌だ。
あの真っ直ぐさ、清々しさを見てしまったら、
私はあゆがどうなろうとも、やはり応援してしまうのです。

ところでwowow放送では、「count down」が省略されてたのにびっくりした。
あんなにかっこいいのに!!あゆの切実な歌い方と力強さが泣けるのに!
なぜあれを端折ったの~;;

でもアンコール前で終わりかと思いきや、
ちゃんとSEVEN DAYS WARまで入ってて感動☆

このカテゴリーに該当する記事はありません。