わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ長編アニメ 「海がきこえる」

  スタジオジブリの長編アニメ「海がきこえる」を7月にBlu-ray化。
  この作品のBD化をもって
  スタジオジブリ長編全22作のBDが出揃う事となった。

きたー!!
すっかり忘れられてる感があるけど
ブルーレイにしてもらえて良かった…!!

ブルーレイになっても昔の優しい映像はそのまま!

再生すればすぐにあの昭和の香り…!
高知が舞台の青春の軌跡。

あまりに昭和すぎて
今の若者にはあまり受け入れられないだろうなあ。
私が小学校に上がる頃はまだ、高校生・大学生って
こんなイメージだったけどなあ。岐阜だし。

「耳をすませば」は王道すぎて、むずがゆい!
あんまり共感はできない!
あれは進学校でない、のびのびした青春があった人のためのものだ!

そんな私には「海がきこえる」の方がやっぱり現実的!笑

なんといっても、松野!
ジブリ史上最高に好きな男性です。
この、主人公と松野が出会うシーンは
私にとってジブリベスト3に入るであろう名場面;;☆

2015-07-23-2_deco.jpg

2015-07-23-5_deco.jpg


2015-07-23-0c1_deco.jpg

2015-07-23-1c1_deco.jpg

松野ーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
松野イケメン!松野!

  「女はどうせ男の表面しか見んがよ。
   女なんぞにお前の良さは、分かりゃせん」

そうだそうだ!松野の良さは里伽子には分からんぜよ!
主人公と松野の友情こそがこの作品の1番の醍醐味!

今見てもやっぱり、里伽子の良さは私にはあまり分からない。。
松野にあんなことを言えるなんて、信じられない!ゆるさん!爆

DVDは制作スタッフさんの座談会と
鈴木プロデューサーのインタビューが
レンタル版にもちゃんと入ってたのだけど
BDだと入ってない…! いつか買うしかー!

スポンサーサイト

色の魔術師

無事に終わり(´▽`*)!よかったよかった!


録画したポニョ。

はああー 色が素敵すぎる…
保田さんの色彩設計すてきすぎる…!
同じシーンを何度も見てしまう。

2015-02-14-1.jpg

やっぱりポニョもいいなあー!
しあわせになる色だなあー(*^-^*)

風立ちぬが最後の作品となってしまうならば、
また保田さんの本出ないかなあ!


中島和子さんも気になるなあ。



しあわせの色!
色彩設計って面白いなあ(*^-^*)

雨が好きなんだよということを考えていたらレツゴーになった話

雨が好きだなあ…!
もちろん晴れも好きだし、家の窓から眺める雪も好きだけど(*^-^*)

雨の情緒、あの雰囲気ってたまらない。
日常でも人生を振り返って思い出すときも
映画でもライブでもアニメでも、雨のシーンって印象的だなあ。

そういえばレツゴーのファイナルGP(?)でカルロが1位取った話も
雨で、大人になった今もあの話は印象的だなあ。

letsgo2.png

あの話見たいなあ… と思ったら

爆走兄弟レッツ&ゴーがブルーレイ化あああ
高いい! 何回も続けて繰り返して観ることはないと思うけど
たまーーーに思い出して、観たくなる話があるなあ
あんなに熱狂したアニメはない…

発売記念に第1話だけUPされてて見たけど
絵は昔のアニメなんだけど、綺麗にリマスタリングされてるし
すごく良かったなあ…!

子ども目線のあの熱さがいい;;☆
 
純粋なまっすぐさとか、1位を取りたいという気持ちとか
そして親が知らずとも、子どもは子ども同士で学んで育っていく感じとか、
でも帰るとあったかいお家があって…!あああ!良い;;☆!

春夏秋冬、それぞれの季節の空気感だったり
朝から夕方への変化もいいんだよなあ。
子どもの頃に過ごしていた時間を思い出すというか。

ああ… 考え出すとやっぱり、単にレイが好きだっただけでなく
他にはない自分の大好きな空気感が
レツゴーにはあったからあんなにも好きだったのだなあ。 

スケールの大きなWGP編もいいけれど
国内編のあの空気感は特に好きだなあ。

今もファンの人たちが男女問わずとても熱くて、それも良い!

レツゴーを観てると
子どもの頃の夏の夕方の空気感を思い出す(*^-^*)

letsgo1.png


羽海野先生の世界


ふらっと立ち寄った書店で見かけた
MOEの表紙&特集が「羽海野チカをつくったもの」。

2014-12-07-01_deco.jpg

どうしようかなあと思ったら
店内のBGMでなぜかちょうど
YUKIちゃんの「ドラマチック」が流れ出して…!!

(アニメのハチクロの主題歌でもあり、
 YUKIちゃんの亡くした息子さんへの想いを感じる歌でもあり。
 当時リアルタイムでハチクロ&YUKIちゃん大好きな
 私にとってとても特別な歌。私に限らずYUKIちゃんファンなら特別な歌。)

ついさっきまで最近の曲が流れてたはずなのに!
びっくりして、これはもう手に取りなさいってことなのだと。

そして案の定、とてもよかった。

羽海野先生の好きな絵描きさんとして
私も大好きな杉浦さやかさん、酒井駒子さん
山田詩子さんを挙げていて、
さらにそれぞれの方から
羽海野先生へのメッセージ&イラストが掲載されている…;;☆!!

こんなすごいことがあるなんて!
私の好きなものはやっぱり繋がっているんだなあと
感心してしまった…!

写真家かくたみほさんが撮った
ハチクロに登場する葛西臨海公園、
3月のライオンの舞台である月島の風景もとても良い。

葛西臨海公園も月島も
わたしにとってわずか数か月だった東京での暮らしで
毎日毎日通った場所だったから、
不思議な縁を感じる。

といってもハチクロは実家に置いてきてしまったし
3月のライオンは追えていないのだけど。
羽海野先生の画集はちゃんと持ってきた。
今となっては、作品以上に羽海野先生自身や
羽海野先生の感性や考え方が大好きって感じだなあ。
そして羽海野先生の描くイラストがとてもとても好きです。

ブログやツイッターを始める前に
更新されていたさるさる日記も大好きです。
あれは書籍化されたっていいくらいなのに!

…というわけで、羽海野先生が
幼いころから好きな絵本や児童文学について
たくさん語られていて素敵な特集です。

あ…

(^ω^)

evaevashin.png

3.0+1.0…

これは…

また「ぴゃーいっ!」されそうな予感しかしない(^ω^)
なぜ物語は繰り返すのか。
我々はなぜ、繰り返し翻弄されてしまうのか。

小学生だった私が今や一児の母になったというのに
いまだに繰り返しが繰り返し続けているなんて!笑
小学生の時にエヴァを見ながら、こんな未来を誰が予想したであろうか!笑

繰り返しが長すぎる、壮大すぎる!!笑

エヴァってなんなんだろう。
TV版の最終回で「あ…はい…」となり、旧劇場版で「あ…はい…」となり、
好きかイヤかで言えば絶対イヤなのに
それなのに、やめられずについてきてしまうのはなんなんだろう。笑

おめでとう!おめでとう!

でも序と破は間違いなくすばらしいです。
破は今見ても「みんな輝いていたなあ…!」って泣けます。
また映画館の大きなスクリーンで観たいです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。