わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 嬉しい、楽しい、大好き 
MENU

松谷みよ子「いいおかお」

2015-01-08-2.jpg

旦那さんの実家で頂いた絵本(*´∇`*)

松谷みよ子さんの「いないいないばあ」は有名だけど
「いいおかお」はかなりシュールな絵本だなあ。
いいおかおってなに…(*´∇`*)??笑

「いないいないばあ」はやはり赤ちゃんに面白いようで
「いないいない~ …ばあ!」と「ばあ!」したページをめくった瞬間
ものすごく笑顔で身体全体でバタバタして喜びます。笑

今日もいいおかおして過ごしましょう(*´∇`*)


高橋 和枝 「あめのひのくまちゃん」

季節を感じる絵本に惹かれる(o´▽`o)
今の季節は雨と、もうすぐ訪れる夏を描いた絵本を探してしまう。

今年の関西は少雨で晴れの日が続いていて、雨が待ち遠しい。

雨の写真集はあまりないけど、雨を描いた絵本はあるのだと知り
「そうそう、この空気感が好き!!」とうれしくなる。

四季それぞれの良さ、雨の日の楽しさを知ってほしいなあと思う(o^-^o)
それが基盤にあれば、人生に起きるいろんなことに
良さがあるって思えるような気がする。

雨の日の楽しさを描いた
高橋 和枝 「あめのひのくまちゃん」。

2014-07-02-22-12_d.jpg

2014-07-02-22-1_dg.jpg
雨の中、あちこち素敵な様子を見て、晴れの日とは違った良さを知るくまちゃん。
夕方になり、急に帰りたくなってお家へと帰ると
お母さんが家の外でくまちゃんの帰りを待っててくれるシーンも印象的。

雨を楽しんで、家に帰ってほっとして、
温かい食事を食べて、お風呂に入って。
家の中から雨の様子を見る。雨の音を遠くに聴きながら眠る。

そうなのそうなの!単に雨を直接楽しむだけじゃなくて、
このトータルの流れが、雨の日の良さなんだよなあ(o^-^o)

完全にそういった良さを知った大人の感覚で描いている印象が強い絵本なので、
子どもは読んだとき、どう感じるのかな??理解できるかな?とちょっと思うけど
とりあえず私は気に入っています(o^-^o)笑

ピーター・スピアー 「雨、あめ」

胎動はかなり激しくなってきたけれど
音楽以外で、なにを語りかければいいのか分からない時がある^^
そろそろ絵本を読んでみようかと探してみた。

私が子どもの頃、図書館でもいっぱい絵本を借りたけれど
家にあった絵本は本当に何度も何度も繰り返し読んだので
今も心にずっと残る、特別なものだなあ。

買うからには、何度も何度も読めるような
そしてもし子どもが絵本を卒業しても
私自身が持っておきたくなるような、そんな絵本がいいな(o´▽`o)

ちょうど近所の書店で、雨に関する絵本を特集していて
雨が好きな私にはぴったり!!

そんな中見つけた、ピーター・スピアーさんの「雨、あめ」。
これは文章の全く書かれていない絵本なのだけれど、絵がすごい!

見開き2ページにわたる絵も圧巻だし、
1ページにいくつも絵が描かれているページもあって
ものすごいボリューム感!!

2014-06-29-1201_de.jpg


2014-06-29-1202_de.jpg

2014-06-29-1205_de.jpg

絵本という薄い本なのに、文章がないのに、この内容の濃さ!!

私はなまじ絵画が好きなせいで、絵本となるとどうしても
「この絵&このページ数にこの金額は高いかも…」とつい考えてしまうのだけど(笑)
ピーター・スピアーさんの絵本は本当に満足!!

どの絵も細かく描かれていて、
毎回いろんなとこに注目して楽しめる絵本です(o´▽`o)
雨の日の空気感、楽しさがあふれていて
大人の私が見ていても、わくわく楽しくなる本。
まさに一生大切にしたい絵本のひとつ! わたしが!笑!

絵本さがし、楽しいなあ♪
実際に生まれたら、それぞれの子の性格によって
どんな本が好きかも全然違うのだと思うけど(o^-^o)

このカテゴリーに該当する記事はありません。