わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 歌って踊ってわらって過ごす
MENU

向日葵のように天を仰いでいれれば、

新曲「Invisible Chaos」のMV

メ、メメタアああ…;;☆!!!!!!!!!

心臓が飛び出るかと思った!!!!!(?)

前半のメンバー全員で演奏しているとこも良いし
最後の方の苑がビルの上で歌うシーンもとても良いです


001invisible.jpg




「最近は明るくて前向きな曲が多かったけど
今回は暗くて激しい」と言っていたけれど、

それでもやっぱり歌詞の後半は
「陽の当たる場所に行きたい、ならば進めばいい」という
強い意志を歌ってくれていて、
暗さからの前向きさ力強さが私は本当に好きです!メメタア…!!

男らしいなあ~!!
長年の水曜どうでしょうの影響なのかなんなのか、
男らしいもの、荒々しいものに惹かれるなあ~!笑


ツアー、FCで取ったチケット発券してきたら
かなり前に行けそうでしょ、
しかも今回は苑が裸足で歌うんでしょ!!?

裸足だとすごく歌いやすい!って言ってたから
とても楽しみ(*´﹀`*)

英雄ポロネーズ 高らかに

大晦日のクラシック・ハイライトで
辻井伸行さんが演奏されているのを聴いて以来、
ショパンの「英雄ポロネーズ」が大好きで
辻井さんをはじめ何人かのピアニストの方の演奏を購入して
英雄ポロネーズだけを延々BGMに流している日もある(*´﹀`*)

本来の輝きに溢れるポーランドの力強い姿を描いた、主題部分。

私自身を鼓舞してくれるメロディーでもあるし、
オペラさんの姿とも重なって来て、とても元気をもらう(*^-^*)


苑の前向きさが本当に、好きだなあ~!

一応(?)ヴィジュアル系バンドマンなのに
まったく弱気を見せることなく
常に熱くて強気で前向きであってくれることに
とても元気をもらいます(*^-^*)

opera008.jpg

3月のPANTHENONツアーファイナルのBDが届いたけれど、
とても良かった…!!!!胸熱!!

ステージ上で起きたこと、ほぼすべてを
最後の最後まできっちり収めて下さって…!

こんなにも大切に収録して下さって、
メンバーとファンのみなさんを大切にして下さって、
本当にありがとうございます…!!


特典映像のインタビューは
てっきり1人ずつの真面目なトーンのものを想像していたら、
インタビューというより、全員+ジェイ君による座談会。笑

インタビューを見るのは気が重くて
なかなか見れなかったのだけど、
ゆるくて面白くて、まさかあんなに笑ってしまうようなものだとは
全然予想外だった…。笑 すぐさま2回目見てしまった。笑


一人さんや田宮さんが著書で書いていたように、
「人生は軽やかさが大事だよ」
「重々しくなったらうまくいかないよ、負けだよ」って、
本当にそうだと思うんですね。

悠さんの最後のライブでありながら
ライブ本編もインタビューも湿っぽさがほとんどなくて、
なんならいつも通りに熱く、温かくて爽やかで、
なんて、摩天楼オペラらしいのだろう…☆!!

本編で最後の曲が終わった後、
ベースの燿さんが感極まって泣きそうになって
悠さんとハグするシーンがあるけれども
それさえも、とても前向きで爽やかな姿に映る。


燿さんは一見ポーカーフェイスで
苑とはタイプが違うんだけれどもやはり前向きで、
キーボードの彩雨さんはさすが慶應インテリだけあって
冷静に合理的に前向き。笑

とにかく全員、前向きさが常に根底にあるところが
今のわたしにとても合っている(*^-^*)

あまりにシンプルで熱くて前向きすぎて、
本来のヴィジュアル系が好きな人たちには
合わないんではないかな。笑 でも、そこがたまらなく良い。

opera003.jpg

いや~楽しい。笑
これからも楽しみです!

勇気を出して踏み出す

悠さんがラスト参加だった六本木のライブの際に
悠さん&摩天楼オペラに送るお花スタンドと
メッセージカード集作成の企画に参加させて頂きました。

知り合いのファン同士だけの
内輪の企画ではなく、
企画者さんたちが募って集まった
参加希望のすべての方々…海外ファンの方も含め、
すべての参加希望者を受け入れ、とりまとめてくださって。

浅いながらも色々なジャンルを見てきて、
こういった企画にトラブルはつきもの、だと私は思っていますが
本当に素晴らしい企画者の方々で…!!

最終的に100名以上が参加することになりましたが、
連絡の内容もタイミングも
すべてが段取りよく、的確すぎて…;;☆!!

しかも、深い深い愛と想いと
素敵な意味があちこちにぎゅっと込められた
すばらしいお花スタンドとメッセージカード集となり。

愛に溢れた解説を読んで、本当に感銘を受けました…!

ファンは推しに似る、というのは本当で
悠さんも悠さんファンの方々も
とても優しくて、誠実な方々なのだなあ。

本当に、参加させて頂けて良かったなあと思います。

ありがとうございました!!





メッセージアルバムの表紙や作りも
想像を絶するクオリティで
本当にすばらしかったです…!!
ファンの皆さんの熱意とセンスと技術すごすぎる…!



このライブのブルーレイ楽しみだなあ。





ねえ…えええ、会場のお客さんの合唱の声
でかすぎない…!????笑!

私もライブで一緒に歌ったり
こうして全力で歌うみなさんの姿を見ていると
クラス合唱に一生懸命だった中学時代を思い出します…!
合唱が私の青春!!笑

だから摩天楼オペラが好きなのかもしれない。笑

メタルバンドでこんな合唱が繰り広げられるところが
本当に、大好き!!笑

それでいて苑がお客さんに任せ過ぎずに
ボーカルとして、良いところできちんと引き取って
お客さんの熱に呼応するかのように
全力で歌い上げるところもとても好き(*^-^*)!!

シンフォニックメタルが好きな人だけでなく、
一緒にでっかい声で合唱したい人は
ぜひ摩天楼オペラのライブへ!!笑

男らしい…!

はああ男らしい…泣

なんて男らしいんだ…

苑、あんた日本一のバンドマンやで…!!

はあかっこいい…

私も男に生まれたらあんな男になりたいぜよ…


今回こそは苑に、出来ればみんなに手紙を書きたく、
でもやっぱりまず生でライブの姿を見てみないと書けないと思ってたけど、

見ても、

カッコ良すぎてなんも言えねえ… 

なにも思い浮かばねえ…



なんだかもう、かっこよすぎて

「もう~…!!!!泣」

と泣きながら見ていた。

摩天楼オペラのライブでは毎回、
「もう~…!!!(かっこいいじゃねーか…!!)泣」
と涙ぐんでしまうことが多い。笑

オペラさんのライブで、
もう~!と泣きながら観ている人が居たらそれはたぶん私だ。

   ☆        ☆        ☆

2月24日の大阪MUSEでの公演、
悠さんの居る摩天楼オペラを見ることの出来る
最後の機会なので、行かせて頂きました。

本当にありがたい…!!

行けて本当に本当によかった…;;☆!!

眼福、耳福、魂福…!!!!

もう、とても心地よくて、
なぜだかずっと昔から知っているような安心感があって
本当に魂が浄化されているような感じ。



「天上への架け橋」が演奏されたときに

ああ、私、音楽がとても好きで
色んなものを好きになってきたけれど
あなたたちに出会うために
ここまでやって来たんだなあ…!

やっとあなたたちに会えたんだなあ。

いつか散り散りになったって
また君たちを探しに行くよ

と何度も思いました。


いやあ~… なんだかもう、
本当にオペラさんに出会えて、幸せだなあ。。

もっともっと早くから出会えていたらよかったのに…!!
と思う日もあるけれど、
すべてベストのタイミングで起きるからね。そだね。

本当にありがとうございます;;☆

摩天楼オペラ 10th Anniversary 『PANTHEON TOUR -coda-』 @梅田 Banana Hall

16日は摩天楼オペラのライブのために梅田へ。
今年初にして今年ラストのライブ参戦。

家族のおかげで行くことが出来て、
本当にありがたいです(*^-^*)

いつでも、本当に好きな事、やってみたいことはやっていいんだよ
という考え方の旦那さんに本当に感謝です(*^-^*)
これからは心の時代。家族みんなそうあり続けよう。

  ☆       ☆       ☆

今回のツアーはアルバム「PANTHEON part2」を冠したツアーで、
前に向かって突き進んでいく
摩天楼オペラの強い決意と希望に溢れた内容になっている。

ライブに行く前はあまり深く考えていなかったけれど
後から思い返せば思い返すほど、
この「PANTHEON part2」は今の私にとてもしっくり来て。

オペラさんの波動と私の波動、
そして同じようにあの場所にいた
心底楽しんでいたファンの方々の波動が
ぴったり同じだったのだろうなあと思う。


生で聴いたそれぞれの曲が
とても、とても良くて…

なんて温かいのだろう~!!

演奏や歌声が熱いのはもちろんだし
ライブが超絶かっこいいのも勿論だけれど、
お客さんの熱さ、温かさもすごかった。

そして、それを感じて本当に楽しそうなメンバーを見て
とてつもなく幸せに満たされました(*´﹀`*)


特に本編ラストで、「PANTHEON」から
「PANTHEON Part2」へと繋げて演奏するところで、
この人たちすごい…!と泣きそうになった。

「PANTHEON Part2」の光あふれた多幸感漂うメロディに
変化していくのがとても良かった…!




  「ゴールだと決めつけてしまうには
   あまりにも情熱を残してる」

  「僕らが生きてるこの世界はもっと
   綺麗なもので溢れているんだ」

  「僕らにできること それは無限で
   自分の覚悟がいつも邪魔していた」


いや~ 楽しかったなあ…
音楽って、ライブってすばらしいものだなあ…(*^-^*)


ライブ本編が終わって
メンバーがステージからはけた後すぐに

「もうすぐ苑さんの誕生日なので
 みんなでアンコールの代わりに
 HAPPY BIRTHDAYを歌いませんか!?」

って言って下さった方がいて、

アンコール待ちのあいだずーっと
お客さんみんなでHAPPY BIRTHDAYを
繰り返し繰り返し歌っていた(*^-^*)

こんなにHAPPY BIRTHDAYを
何度も何度も歌うことが
人生にあるだろうかってくらい延々と歌っていた。笑

みなさん、苑のために本当にありがとうございます…!
推しの幸せは私の幸せ(*^-^*)!笑

こんなにも温かく可愛いらしいファンでいっぱいの
メタルのライブが、世の中に一体どれだけあるのだろう!?笑


アンコールラストは「喝采と激情のグロリア」。

超定番ではあるけれど、やっぱり最後のファンの合唱と
それに応えるような苑のアカペラは何度聴いても胸が熱くなる。

なんて尊い瞬間なのだろう…。

そして会場の熱気は収まることなく、
当然のように再びアンコールが起こり、
メンバーが登場してダブルアンコールに突入。

最後はクリスマスをイメージしたメタル曲「SHINE ON」。

季節的にも、そしてあの温かな会場にもぴったりの
やさしくキラキラした曲で、なんともいえない幸せに満ちたラスト。

いや~、すごいよ…!!
あまりに幸せあふれる時間、空間でした(*^-^*)

このカテゴリーに該当する記事はありません。