わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 
MENU

ありがたい…!!!!☆

つわりが重症だった約3か月間、
旦那さんの実家でお世話になっていました。

本当にありがたい…;;☆!!!!

つわりの期間、自分たち大人だけならまだなんとかなるけれど、
ちょうど息子が言葉遅めでやっと色々話し始めた時期であり、
毎日外で遊びたい盛りなことを考えると

日中、家でほとんど死んだように寝て吐く日々であろう
私と2人きりではやはり可哀想だったので
これは本当によかった…;;☆!


義父母さん、義祖母さん、義兄さんに
息子を本当に可愛がってもらえて
この3か月で信じられないくらい、
ものすごく喋ったり、歌うようになった。笑

にぎやかなお家なので息子も本当に楽しかったと思います。
言葉の英才教育や~!!


旦那さんの実家は来客がとても多いおうちなので、
毎日インターホンが鳴るたびに一緒に外に出たり、
お客さんが来るたびに一緒に応接間に行って居座る息子。笑

そして昔ながらのお家なので、義父母さんと散歩に行っては
近所の知り合いの方々と話し、お菓子をもらい、
可愛がられる息子。笑


私自身が長女で小さい頃は極度の人見知りで
息子も長男なのですこし心配だったけれども
おかげさまで、初対面の大人の人にも子どもにも物怖じせず
ガンガン行く子になった。笑

私が「ちょっと怖いな…」と思うようなタイプの
おじさんにもガンガン行く。笑
そんなおじさんが意外と優しかったりして
人の温かさを感じる。笑

どう見ても一緒には遊んでくれないであろう
かなり年上の女の子たちグループにもガンガン行く。笑
クレヨンしんちゃんみたいになってる。笑


幼少期は、両親からはもちろんだけど、
それ以外の大人からの愛情も出来るだけ
たくさんの人から受けることがすごく大事ということで。

本当にありがたいです(*^-^*)

ウェーブさんに似合うSeraphineのワンピース(*^-^*)

マタニティ服ってなかなか気に入ったものが無く…
もともとの骨格タイプの影響が一段と出るような…

そしてそんなに近場に沢山売ってないので
通販で買うことが多いけど
届いてみると素材が微妙…ということも多く。

せっかく買うならマタニティ期だけでなく授乳服になるもの、
さらにその後も着たいと思えるような
ワンピースがいいなあ~と思い。

キャサリン妃も着ていたSeraphineで購入。
とても気に入ってしまって、すでに3着目(*^-^*)

キャサリン妃が着ていたとおり
骨格ウェーブさんに合うものが多い!と思う!

基本的にジャージー素材かポリエステル素材で
生地がペラペラといえばそうなんだけど、
それが!上半身は適度に身体に沿い、ヒラヒラ、ゆらゆら素材が
似合うウェーブには良い!!

裏地のないものがほとんどなので
下にペチコートなど必須だけども!
マタニティ服のファストファッション的な感じなのかな。

こういうワンピースってストレートなのかと思ったら
ウェーブさんに合うんですね~

seraphine001.jpg

レーヨンのジャージー素材、形、
よく見ると小さなレオパード柄でウェーブさん要素多い♪
これは長袖だけど袖がかなり伸縮性があって
ぴったりしているので、7分袖くらいに調節できる。

Vネックは似合わないけどどのみち
下にベアトップかペチコートを着てしまうので
あまり問題にならない。

色が青だけどこの青ならオータムの私にも大丈夫そう
と思ったらやっぱり大丈夫だった。
Seraphineは全体的にオータム以外の人に似合いそうな色が多い…^^;


すごく好きなんだけど、素材から考えると
日本で売られている定価だと高すぎるので
セールになってるものか、
イギリスの公式サイトからセールで何着かまとめて買って適正価格!笑

なので英ポンドをしばしばチェックするけれど
英ポンド少し高くなってしまった…
でも数年前に比べたら安い!


マタニティ期でも似合う服、似合わない服はやはりあって
似合う服が見つかって日々着ることが出来ると
とても嬉しく過ごせます(*^-^*)♪

READY STEADY GO

「みんなのこの笑顔を見るための道のりだったのなら、
 悪くない25年だった。」

2000年代初めの頃、
売れれば売れるほど
とても息苦しくて、もう耐えられなくて、
絶頂の最中で、ラルクを脱退したいと本気で考えて
メンバーに手紙まで書いたhydeさんが
数年のソロ活動を経て
ラルク活動再開の時に書いた曲。

考えてみれば、最初の復活の時に作られた
「虹」と同じくらい大切な曲だったんだな。

いやもう、なぜ私はこんな大切な曲を見落としていたのか。

私がラルクの中でも特に大好きで
ヘビロテする曲は、アップテンポでない曲ばかりで…
アップテンポの曲はあまり歌詞の意味を考えていなくて…
なんとなく、ハガレンのための曲だと思っていたし…

うーん…。不覚…。

私がこれまで参戦してきたライブで
やらなかったことは1度もないくらい、あまりに定番すぎて
まったく意識してなかった…。

(98年までの曲だけでセットリストを組んだ味スタ1日目以外。)


ラストの「PLEASE, TRUST ME.」

はメンバーとファンへの言葉だったのだと気付き
歌詞ぜんぶがもう、
その当時のhydeさんの気持ちだったのだと思うと泣ける。


この前のラルク25周年ライブに参戦されたみんなの感想を見て、
本当になんて愛されているのか。
私と同じように、長年深く深く愛して来てくださったファンがこんなにもいる。

私は今更READY STEADY GOの意味を知るうっかりファンだけども。
人にはそれぞれの人に合ったタイミングがあるから。。

理解する順番は人それぞれ、パズルを完成させる順番もそれぞれ、
なんでその部分は出来てるのに、
この1番目立つピースが分かんなかったんだよ!ということはあるんだ。


とにかく、直接はライブに行けなかったけれど
やっとREADY STEADY GOという曲の意義を知り、
今までのすべてのことが腑に落ちた感じがして。
素晴らしく満たされた気持ちです。

該当の記事は見つかりませんでした。