わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるやん!

秋ツアーの愛知公演!!(*´∇`*)
GWの豊橋は遠かったから諦めたけど
岩倉は名古屋から近いー!!

顕ちゃん出るかな?出るかな??

  ☆         ☆         ☆

静岡新聞に載った勝山さんの文章を
やっと今読める機会に恵まれました。
コンドルズ血風録を読み返したくなります。


  「想い」はチカラです。

  僕は19才で地元の静岡藤枝を旅立ち東京に出ました。
  「やりたいことだけをやって生きてやる」という野望と共に。

  あれからいくつもの季節が過ぎました。
  僕はコンドルズというダンス集団と
  ストライクというロックバンドに全細胞の情熱を注ぎ、そこそこの成功を納め、
  東京を拠点に舞台と音楽でご飯が食べられるようになりました。

  7年前、僕を静岡に呼び戻してくれたのは、秋山さんという方でした。
  「静岡を面白くして欲しい」。秋山さんはそんな希望を僕に託しました。
  地元への恩返しも無論ですが、
  声をかけてくれた秋山さんの期待に応えるべく、
  静岡で無我夢中にいくつもの仕事をしました。
  舞台公演、音楽ライブ、講演会、
  エスパルスのミュージカル作品のプロデュースなどなど。

  そして今年の春、念願だった、
  静岡のラジオのパーソナリティーとなりました。

  でも、一番聞いて欲しかった秋山さんは僕のラジオを聞いていません。  
  いや、聞くことが出来ないのです。
  秋山さんは4年前の夏にガンで亡くなってしまったからです。

  僕はやっとわかりました。

  人は、死んでも星にはならないんです。天国にも行かないんです。
  「想い」になるのです。誰かのココロを支える強いチカラとなるのです。
  僕は秋山さんをはじめ、たくさんの「想い」と一緒に生きています。
  皆さんもそう。たくさんの「想い」と一緒に生きているのです。

  そして、いつか「想い」になる。

  だから、きっと使命なのです。
  過去からの「想い」を胸に、未来へ「想い」を伝え、紡いでゆくこと。
  それは、今、生きている人間の使命なのです。

  いつもそんな気持ちで、僕はマイクロフォンに向かいます。


あと別の媒体ですが、私が心のどこかで求めていたことをちょうど書いてくれていて
とても嬉しかったですし元気をもらいました。
いつでも真っ直ぐに、「そうだ!」って言ってくださって
本当にありがとうございます;;☆

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。