わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あら!!

お友達の子どもさんを見てると
お母さんがちょっとトイレに行ってその場を離れただけでも号泣しちゃうし
どう見ても、大きくなるまで人には預けられないなあ…って気持ちになっちゃうけど
それはまだ1歳だからなんだな!

私自身をよくよく振り返ってみると
保育園以降はおばあちゃん大好きで、
毎日おばあちゃん家に行ってたよ…。笑

お母さんが厳しかったから、
優しいおばあちゃんと過ごすのが楽しすぎて。笑
父方のおばあちゃんも母方のおばあちゃんも大好きだったなあ。

基本的におばあちゃん家にいたくて
お母さんが迎えに来る夜までずっとおばあちゃん家にいたし
泊まったりしてた。笑 

土日も家族でどこかに行く予定がなければ、
朝からずーっとおばあちゃんの家にいたし。笑

幼稚園のとき数日間、母方のおばあちゃんの家に泊まりに行って
ある日「今日の夕方迎えにくるって!」っておばあちゃんに伝えられて、
「えええ!」って帰りたくなくて号泣した。笑 どんだけ居たいねん。笑
ホームシックとか皆無。笑

どっちのおばあちゃんも、ほんと良いおばあちゃんだったんだなあ。

…べつに自分の家が嫌いだったわけではないですよ、
帰ったら帰ったで「我が家も我が家でやっぱり落ち着くな(*´∇`*)」
と思ってたんですけど。笑

だから、おばあちゃんに預けるって別に心配するようなことちゃうな。
私みたいに子ども自身は「家に居るよりずっと楽しい~(*´∇`*)♪わーい!」
と思ってるかもしれないもんね。笑

それは母と子供が距離が近すぎるゆえに起きることやから
別に、お母さんがだめとかそういうことでは全然なくて。
ごく当たり前のこと。 

そして、そんなふうに「大好きー!!」って子どもが思える
おばあちゃんがいるって、本当にありがたいことなんだな(*´∇`*)

  ☆        ☆         ☆

前の記事と前の前の記事に拍手くださった方、ありがとうございました(*´∇`*)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。