わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 嬉しい!楽しい!大好き! 
MENU

1か月!

無事に母子ともに1か月健診も終え、
わたしは誕生日も迎えられ、ありがたいです!

無事にこうして歳を重ねられて本当によかったです!しあわせすぎる!
生んでくださって、しかもこんなに丈夫に育ててくださって
本当にありがとうございます(´▽`*)

出産のときは手術室入って5分(体感)もしないうちに麻酔ですぐ寝ていたので、
あの状況で何か自分のがんばった要素があるとしたら
自分の身体の丈夫さだけですからね!あれだけ出血しても、生き延びれたという!
身体の丈夫さは両親や先祖代々から頂いたものなので本当に感謝ですね。

こんなにも健康すぎて本当にありがたいです(*´∇`*)
つわりで死にかけたのが嘘のようです!

    ☆            ☆             ☆

そういえば、体感としてはどう考えてもつわりの方が100倍つらかったなあ…!
つわりはあんなにも長くて辛かったのに、
まったく死ぬ気配はないっていう!理不尽!不思議すぎる!!笑

胎盤剥離は生きるか死ぬかという人生最大の危機だったわけだけれど、
ほんの数時間で一瞬のことだったからなあ。
しかも私はほとんど寝てたから、なおさら短かった気がする…!

出産に関しては、どう考えても手術を担当してくださったお医者さん&スタッフさんと
我が子が1番がんばったよなあ^^;
精神的な面では、待合室で待ってた旦那さんが1番がんばったし…。

私ったら当事者なのに基本ぐっすり寝てただけで、なんだか申し訳ないくらいです!
帝王切開後の痛みも、おなか押されたり動くと痛いくらいで。
身体は動かせなかったし貧血でフラフラではあったけれど、
痛みに耐えかねるようなものでは全然なかった…!


それよりも、入院中で1番人生最強に痛かったのは
助産師さんにしてもらった母乳マッサージでした。
まさかあんなに痛いものとは思ってなくて、涙を流しながら受けました。

「やらなきゃ乳腺炎でもっと痛くて怖いことになりますよー!」って言われながら
容赦なくマッサージされて、あまりの激痛に助産師さんの手を叩いて払いのけそうになった。
それでも続ける助産師さん…  敵討ちかな?敵討ちか何かかな?

やらなきゃいけないとは頭では分かってるんだけども!
激痛すぎて身体が言うことをきかず、助産師さんを払いのけそうになる!笑

母乳マッサージを受けるまでは
「陣痛の痛みを味あわずに出産終わっちゃったな…」と少し残念だったけど
母乳マッサージを30分くらい容赦なくしてもらっただけでももう、降伏!

陣痛では、あれ以上の痛みをあれ以上の長時間にわたって味わうなんて…耐えかねる!笑
やっぱり陣痛味あわずに済んだなら
それはそれでよかった…!と思いました。笑

   ☆              ☆               ☆

しかし我が子というのは本当にかわいいですね!
かわいすぎてわけわからん(*´∇`*)!かわいすぎてどうしよう!

すぐにおむつ替えしなきゃいけなかったり、
夜中や早朝に起こされたりするけど
突然のものすごい号泣しだしてびっくりしたりするけど
それらすら、かわいい!

今後もっと大変になるだろうけど、それにしたってかわいい!

抱き癖が付いてきてるけども
抱っこしてあげられるのも今だけなのだと思うと、
記念に写真や動画を撮っておくべきですね(*´∇`*)!

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。