わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御社と我が家は、ずっ友(とも)だよ…!(*o∇n*)

水曜どうでしょうのジャングルリベンジは
大学生の頃から何度も見てきたけど
なぜか妊娠中からよりいっそう好きになって、
もう何十回、何百回観てるかわからない。

妊娠中も今も、息子が寝てる間の家事や食事中、
BGMのように流している。

最終夜まで終わるとまた最初から再生するという。エンドレス。
そんなにも繰り返し繰り返し観てしまう番組なんて、他にあるんだろうか。
どんなに好きなライブBDだって映画だってドラマだって、
そんなにも延々と繰り返しは観ない。笑

むしろそういう、ストーリーや盛り上がりがありすぎるものは
感情が揺さぶられるし、真剣に観なきゃいけないし、
普段使いには適していないんだろう。

買ったジャングルリベンジDVDは元取りすぎだぞってくらい再生されている。

ヨーロッパ完結編も。
妊娠してからは、だいたいジャングルリベンジとヨーロッパ完結編をエンドレス再生。
たまに西表島とリヤカー喜界島とアメリカ横断。釣りバカ4も。
今は四国八十八か所3と絵はがきの旅2も。

DVD版のジャングルリベンジを終えて
TV放映を録画したバージョンのジャングルリベンジも何度か観て
編集の違いを確認し、そしてまたDVD版に戻る。笑 

どんだけ見てるんだってくらい見てる。

    ☆          ☆          ☆

どうでしょうは良いワインあるいは長年大事に使うような革の靴や手帳と同じで
年を重ねるほど味わい深くなっていくのだと思う。

たぶん最初に1度観ただけでは全く良さは分からないと思うけど
ともに何年も過ごしていると、いつのまにかどうでしょう班が
視聴者にとっても旅仲間のようになって、愛着が湧いてきて。

そうなってくると、面白いと感じる企画やシーンや言葉が
最初に観たころとは全く違ってきたりする。

もちろん何度見ても面白いシーンもある。

どうでしょうに出会えて、本当に良かったなあと思うし
もし出会えていなかったらと考えると、とてもとても恐ろしい。
どうでしょう班に出会えない人生なんて、あまりにも悲しすぎる…!!
想像しただけでつらい。 

それはつまり、家族みんなで楽しく観れる番組が存在しないわけで。
どうでしょうという、家族の共通の楽しみの1つが、存在しないわけで。
そんなの、無理…;;!! 

一緒に何かを見て、みんなで一緒に笑うって、すごく大事だと思う。

旦那さんはもちろん、お母さんに「それヨーロッパの時の大泉くんみたいやん!笑」
と言われるって、日常の会話でも使われるぐらい共通の理解があるって、
やっぱり楽しい。笑

大人になってからめっきり会話の減ってしまった弟が
「onちゃんカレンダーの回が好き」って話してくれるのは、やっぱり嬉しい。笑

どうでしょうに出会えて本当に良かったなあ。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。