わたしはまた、天国に生まれた☆

感謝しています♪ 嬉しい、楽しい、大好き 
MENU

READY STEADY GO

「みんなのこの笑顔を見るための道のりだったのなら、
 悪くない25年だった。」

2000年代初めの頃、
売れれば売れるほど
とても息苦しくて、もう耐えられなくて、
絶頂の最中で、ラルクを脱退したいと本気で考えて
メンバーに手紙まで書いたhydeさんが
数年のソロ活動を経て
ラルク活動再開の時に書いた曲。

考えてみれば、最初の復活の時に作られた
「虹」と同じくらい大切な曲だったんだな。

いやもう、なぜ私はこんな大切な曲を見落としていたのか。

私がラルクの中でも特に大好きで
ヘビロテする曲は、アップテンポでない曲ばかりで…
アップテンポの曲はあまり歌詞の意味を考えていなくて…
なんとなく、ハガレンのための曲だと思っていたし…

うーん…。不覚…。

私がこれまで参戦してきたライブで
やらなかったことは1度もないくらい、あまりに定番すぎて
まったく意識してなかった…。

(98年までの曲だけでセットリストを組んだ味スタ1日目以外。)


ラストの「PLEASE, TRUST ME.」

はメンバーとファンへの言葉だったのだと気付き
歌詞ぜんぶがもう、
その当時のhydeさんの気持ちだったのだと思うと泣ける。


この前のラルク25周年ライブに参戦されたみんなの感想を見て、
本当になんて愛されているのか。
私と同じように、長年深く深く愛して来てくださったファンがこんなにもいる。

私は今更READY STEADY GOの意味を知るうっかりファンだけども。
人にはそれぞれの人に合ったタイミングがあるから。。

理解する順番は人それぞれ、パズルを完成させる順番もそれぞれ、
なんでその部分は出来てるのに、
この1番目立つピースが分かんなかったんだよ!ということはあるんだ。


とにかく、直接はライブに行けなかったけれど
やっとREADY STEADY GOという曲の意義を知り、
今までのすべてのことが腑に落ちた感じがして。
素晴らしく満たされた気持ちです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。